大好きな彼に嫌われたらどうしよう!の不安の原因は黒ずみ

カップル

大好きな彼とのラブラブタイム!せっかく今から愛の営みがスタートするのに一つ戸惑うことが、、、それが陰部の黒ずみでした。もともと黒ずみってメラニン色素が沈殿して黒ずみになるみたいです。

胸の乳輪が黒ずみやすくなるのとほくろができるのと全く同じような原理みたいですね。

もともとメラニンの反応が人より強く、黒ずみしやすい体質だったことに悩んでいました。

男性であれば、「きれいな色のほうがいい、」とか「もしかしてあそんでるのかな。」とかというんじゃないかと思います。そこでなんとかしたいという思いがあっていろいろかんがえてみました。

さきほど書いたメラニン色素も原因ではありますが、肌ってターンオーバーがあります。

傷口が治っていくのもターンオーバーの作用もありますね。

そのターンオーバーが乱れると肌がくすみやすくなり、シミができやすくなります。あとはホルモンバランスの乱れも黒ずみの原因でもあるようです。

お恥ずかしながら産婦人科の先生に一度相談したところ、「生理不順と同じくホルモンバランスが影響しているかもしれませんね。」と言われました。

そのため、黒ずみの原因は大きく3つあったようです。

対策として考えたのが、お肌のターンオーバーを高める黒ずみ専用のクリームを使用することや、日常生活での刺激を軽減するために下着のVぞーんにも配慮して通気性の良い下着を選ぶようにしたりしました。

コットンやシルクなどは刺激も少ないです。そんなふうにして少しは黒ずみはましになりました。

彼には「もともときれいだよ。だから気にしないで。」となんだか元気づけられました。毎日ラブラブで入れるように自分のためにも彼のためにもケアは続けています。

実は私も…!?デリケートゾーンの黒ずみ、悪化させてない?

腕や足は、普段人に見せることもあり、他人と比べることは簡単です。

しかし、デリケートゾーンをほかの人と比べることなんてほとんどありません。

だからこそ、黒ずみは気になるもの。

正しい知識を持って、予防しておくことはとても大切です。

黒ずみの一番の原因は、メラニン色素です。このメラニン色素は、手や足と同じで、デリケートゾーンの肌の奥に存在しています。

本来は、紫外線から肌を守るために作られるものです。しかし、デリケートゾーンや乳首、脇などはもともとメラニン色素の活動が活発なのです。

そのため、下着や衣服でこすれることで、肌を守ろうとメラニン色素が肌の表面に出てきてしまいます。

例えば、腕の日焼けであれば肌の再生機能、いわゆるターンオーバーが働きにより、本来の白さへと戻っていきます。

しかし、デリケートゾーンや乳首、脇などは、紫外線に関係なくメラニン色素が活動するため、一日中活発のままということもあり得るのです。

つまり、デリケートゾーンは一日中日焼けをしている状態。ターンオーバーが間に合っていないのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因がメラミン色素だとすれば、どんな方法が予防策として有効なのでしょうか。

もっとも効果的なのは、肌を刺激の少ない状態にすることです。

肌のターンオーバーは基本的に、28日前後のサイクルで行われているとされています。年齢を重ねていくと、この期間が徐々に長くなっていきます。

顔の肌と同じように、ターンオーバーできる状態にしてあげることが、有効な改善策となります。

下着の素材で言えば、刺激の少ないシルクの下着が一番です。

水着もUVカットのついたものを着用することで、紫外線からの刺激を減らすことも出来ます。

また、デリケートゾーンは下着や生理用品の刺激で弱っていることもあります。

ただ刺激を減らすだけでは、十分でないこともあります。

そんなときに助けとなるのが、デリケートゾーン専用のアイテムです。

デリケートゾーン専用の石鹸であるジャムウソープ、デリケートゾーン専用のクリームなどはインターネットでも購入できます。

黒ずみに悩んでいる人は検討してみてはいかがでしょうか。


Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です